ここから本文です

歯科医を刺した学生「女性関係のトラブル」が背景

ホウドウキョク 5/10(水) 20:01配信

ホウドウキョク

東京・文京区の東京医科歯科大学の付属病院で、男性歯科医が腹などを切りつけられた事件で、逮捕された別の大学の医学生の男が、交際している女性の関係でトラブルがあったと話していることが新たにわかった。
この事件は9日、文京区湯島の東京医科歯科大学歯学部付属病院の処置室で、41歳の歯科医の男性が、腹や首をナイフなどで切られ重傷を負い、日本医科大学医学部に通う渡辺祐介容疑者(30)が、殺人未遂の現行犯で逮捕されたもの。
調べに対して渡辺容疑者は、「男性とは、以前からの個人的な知り合いです」と話していたが、その後の調べに、「交際している女性の関係でトラブルがあった」などと話していることが、新たにわかった。
事件を目撃した男性は「男の人の怒鳴り声が聞こえて、『てめー、何してくれたんだよ』みたいな。そのあとに大きな物音がどんどんと、何かが倒れたような」と話した。
渡辺容疑者は、切りつけたことは認めているが、殺意は否認していて、警視庁は、女性関係をめぐるトラブルが背景にあるとみて調べている。

最終更新:5/10(水) 20:01

ホウドウキョク