ここから本文です

UCL本戦ストレートイン&得点王に黄信号? ローマのエース・ジェコがユーヴェ戦前に負傷離脱

5/10(水) 16:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

3位ナポリとわずか勝ち点1ポイント差のローマ

ローマは9日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが負傷離脱することになったと発表した。

7日に行われたセリエA第35節ACミラン戦でスタメンに名を連ねたジェコ。貴重な先制点を含む2ゴールで4-1の勝利に大きく貢献したが、試合終盤に負傷し、84分にブルーノ・ペレスとの交代を余儀なくされていた。クラブの公式サイトによると、検査の結果、ふくらはぎの筋肉を損傷していることが判明。重度はグレード1と診断されたものの、全治までに10日程度かかるという。

14日に首位ユヴェントス戦を控えている2位ローマ。残り3節の時点で勝ち点7ポイント差と、優勝の可能性は残しているものの、かなり厳しい状況に立たされている。一方で、来季のチャンピオンズリーグ(UCL)本戦ストレートインを狙う3位ナポリとは、わずか勝ち点1ポイント差。27ゴールで得点ランクトップを走るジェコの離脱は、2位争いの上で痛手となりそうだ。そして、得点王を目指すジェコ本人にとっても、手痛い負傷となってしまったかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/