ここから本文です

降格の危機からUCL出場へ! 辣腕すぎる29歳指揮官をストライカーも絶対支持

5/10(水) 17:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

リーグ最年少監督

昨シーズンよりホッフェンハイムを指揮するのは、29歳のユリアン・ナーゲルスマンだ。

ナーゲルスマン監督は昨シーズン、降格圏内のチームを任せられると見事チームを残留させてみせた。そして今シーズンはバイエルン・ミュンヘンを破るなど、ここまで大躍進を遂げ、チャンピオンズリーグ出場権も確保している。同監督をチームのストライカーであるアンドレイ・クラマリッチは絶賛した。同選手は『Omnisport』に語っている。

「一緒にできて幸せだよ。彼も同じだろう。なぜならクラブ、選手、監督にとっても素晴らしいシーズンを送っているからね。リーグ最年少の監督だ。間違いなく、世界でもベストな監督の1人だよ。彼が最初にきたとき、我々はいくつかのルールに従わなければならなかったんだ。最初の試合をしてみんな自分の仕事を理解したよ。そしてそのルールがこのスタイルのフットボールをする上で、最も重要だということが分かったんだ」

ナーゲルスマン監督は若さが注目されがちだが、チームをここまで立て直しUCL出場権を獲得したことは素晴らしい結果だ。そして選手からの信頼も厚く、上手くコントロールしている。UCL本戦出場はまだ決まっていないが、同監督の未来は十分明るい。

https://www.theworldmagazine.jp