ここから本文です

最上もが、フェチ全開のラブレターを公開「においかぎたい」

AbemaTIMES 5/10(水) 17:00配信

 『最上もがのもがマガ!』で、でんぱ組.inc・最上もがが「モテ女に生まれ変わるための“モテる文章”」について学んだ。最上は「モテる文章知りたい!」と意欲的に取り組んでいた。

 番組冒頭では、「ラブレターって書きます? LINEとかでも僕は絶対モテないだろうなという文章しか書けないです。『ワロス』とか『ワロタ』とか『www』とか書いちゃうので」と、今回のお題に引き気味だった最上。“相手の心をガッチリ掴む文章の達人”で、ラブレター研究家の大崎智代子さんが登場すると、興味を示し始めた。

 大崎さんは、片思いを実らせたい、復縁したい、結婚式でサプライズ演出をしたいという人々から依頼があり、手紙を書くためのサポートをしているという。今回は、そんな大崎さんが“有名人が書いたラブレター”を紹介した。

 まず初めに、俳優・石原裕次郎の「しめ殺す程抱きしめたい」という情熱的なラブレターが紹介された。大崎さんは「胸に刺さりますね。思いの丈が胸にきます」と解説。

 次に「毎日、久美の夢を見つつネンネしています」という、内閣総理大臣を務めた橋本龍太郎のラブレターが紹介され、大崎さんは、「求められている感じがする。みっともないところが出ているから思いが伝わりますね。格好悪いところを出しているから格好良いんです」とコメントした。すると最上は、「これをいわれたら僕、結構嬉しいですね」とニッコリ。

 その後、番組では実際に“片思い中の人”を想定してラブレターを書くことに。「においかぎたい」のひと言のみをしたためた最上の衝撃ラブレターが披露されると、土屋は「出しましたね~。さらけ出しましたね~」と突っ込み。最上は「僕、人の匂い嗅ぐの好きなんですよ。いい匂いが好き」と匂いフェチであることを明かしていた。(AbemaTV/『最上もがのもがマガ!』より)

最終更新:5/10(水) 17:00

AbemaTIMES