ここから本文です

この時期が一番美味しい? 表参道の“世界一濃いごまアイス”が話題

AbemaTIMES 5/10(水) 18:00配信

 夏日を記録したGWが明けてすぐの5月9日。この日は知る人ぞ知る「アイスクリームの日」だ。

 日本アイスクリーム協会によると、アイスクリームの日は1964年にアイスクリームの消費拡大を願い定められたもので、アイスクリームのプレゼントなどのイベントなどが開催されている。

 サーティーワンアイスクリームでは、5月9日に「アイスクリーム感謝祭」と題して、全国の店舗でレギュラーサイズのシングルコーンを100円で販売した。

 GW明けのこの時期にアイスクリームの日を設定した理由は「この時期が一番美味しくアイスクリームを食べられるから」だという。30℃を超えるとアイスクリームではなくさっぱりとしたかき氷や氷菓が売れるようになり、アイスクリームは22~23℃位のこの時期に売れ行きが伸びるという。

 表参道駅近くにあるごまアイス専門店「GOMAYA KUKI」でも早速、明治時代創業の老舗ごまメーカーが開発した“世界一濃いごまアイス”が食べられると話題になっている。超特濃ごまアイス2種(500円 税込)には、約9000粒のごまが使われており、ごま油をかける「追いごま」をすると、さらにごまの風味を楽しめるという。

 気になる方はお店に行ってみてはいかがだろうか。(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:5/10(水) 18:00

AbemaTIMES