ここから本文です

主審が副審にレッドカード!? スコットランドで思わぬ珍事

5/10(水) 20:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

副審が試合中に嘔吐

珍事件が起きたのは6日に行なわれたスコティッシュ・プレミアリーグ第35節、キルマーノック対ダンディーの一戦だ。


主審が副審にレッドカード! 珍事を会場全体でユーモア溢れる瞬間に

コーナーキックをキルマーノックのジョーダン・ジョーンズが蹴ろうとするも、副審が旗を上げ体調が悪そうな仕草をする。それを見かねた主審が笛を吹き、副審のもとに駆け寄ると、副審は嘔吐してしまった。これには観客も歓声を上げ、まさかの珍事に大騒ぎ。それを見た主審も思わずレッドカードを提示、このジョークにジョーンズは大いに笑い、当の副審も笑みを浮かべた。

副審はその後、体調を自分自身で整え最後まで仕事を全うしている。日本では吐いている人に対し歓声を上げるなど考えられないが、海外ファンは思わぬ珍事も楽しみに変えてしまうユーモアがあるのかもしれない。その観客の歓声に主審も、パフォーマンスとしてレッドカードを提示し、中断している試合を盛り上げたのだろう。珍事をエンターテイメントに仕立て上げた観客と主審の粋な計らいに、副審も助けられたはずだ。

肝心の試合はというと、副審の体調を気遣ったジョーンズのキルマーノックが0-1で敗れている。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ