ここから本文です

【MLB】韓国紙は“松井超え”に注目? 秋信守、メジャー通算150本塁打で“射程圏内”か

5/10(水) 22:21配信

Full-Count

メジャー13年目で通算150号、「上回っているのはヒデキ・マツイだけ」

 8日(日本時間9日)の敵地パドレス戦でメジャー通算150号のソロ本塁打を放ったレンジャーズの秋信守外野手について、韓国メディアが「アジアのMLB選手で(秋を)上回っているのはヒデキ・マツイだけ」と伝えている。ヤンキースなどメジャー4球団で活躍した松井秀喜氏はMLB通算175本塁打で、秋が射程圏内に捉えたと見ているようだ。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 秋は8日の試合で4点を追う7回に今季4号ソロをマーク。韓国紙「中央日報」電子版は「秋信守が150号本塁打を放つ」とのタイトルで特集記事を掲載し、「秋は11年でMLB通算150号を達成した。2006年6月29日、彼はクリーブランド・インディアンス在籍時にMLB初本塁打を放っている」と伝えている。

 記事では、秋が2013年に100本塁打&100盗塁を記録したこと、メジャー12シーズンで4度の20本塁打(09年21本、10年22本、13年21本、15年22本)をマークしていることもレポート。一方で、「彼は2016年に4度DL入りしている」と怪我が多い点も指摘。「今シーズン、ここまで彼は33試合中29試合に出場している。しかし打率(.243)を見てみると、秋が調子を取り戻すためには少し時間がかかりそうだ」との見解を示している。

今季は打順が定まらず、「一貫性がないのはチームの成績不振が原因」

 さらに、最近は7、8番という下位打線での出場が増えていることも紹介。「秋の打順に一貫性が無いのは、おそらくチームの成績不振が原因だろう」として、チーム打率(.217)が30球団中29位であることに言及した上で「レンジャーズのジェフ・バニスター監督は問題を特定するために、絶えず打線を変える。しかし、彼は未だ解決策を見つけられていない」と分析している。

 そんな中で、秋は節目の150号に到達。同紙は「アジアのMLB選手の中で、秋よりも多くの本塁打を記録しているのは、元タンパベイ・レイズのヒデキ・マツイだけだ。彼は175号を記録している。マイアミ・マーリンズのイチロー・スズキは115本塁打で3位となっている」と、アジア選手でトップの座に迫っているとした。

 秋は2014年から7年1億3000万ドル(約150億円)の大型契約をレンジャーズと結んでおり、2020年までメジャーでプレーすることは確実な状況だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/10(水) 22:21
Full-Count

スポーツナビ 野球情報