ここから本文です

ニューヨーク株 ダウ平均が反落

ホウドウキョク 5/10(水) 14:24配信

9日のニューヨーク株式市場、ダウ平均は3営業日ぶりに反落した。
9日は、原油相場の下落でエネルギー関連株に売りが出たほか、北朝鮮が6回目の核実験を計画しているとの一部報道も、相場の重荷となった。
一方、ナスダックは、IT大手のアップルがけん引する格好で、高値を更新した。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値に比べて、36ドル50セント安い、2万0,975ドル78セントで取引を終えた。
一方、ナスダック総合指数は、17.93ポイント上げ、6,120.59と、3営業日連続で終値の最高値を更新した。

最終更新:5/10(水) 14:24

ホウドウキョク