ここから本文です

FBI長官を電撃解任

ホウドウキョク 5/10(水) 16:53配信

アメリカのトランプ大統領は9日、FBI(連邦捜査局)のコミー長官を突然、解任した。大統領選挙中のトランプ陣営とロシアとの関係をめぐる捜査への影響が、懸念されている。
トランプ大統領は、コミー長官に対して書簡を送り、「新たなリーダーを見つけ、国民の信頼と信用を回復することが不可欠だ」として、解任を通告したと発表した。
コミー長官は2016年7月、クリントン元国務長官の私用メール問題で「訴追を見送る」と、記者会見で発表していて、司法省幹部は、この対応が誤りだったと批判している。
また、コミー長官は、議会の公聴会でトランプ陣営とロシアとの関係の捜査を続けていると証言していて、捜査の行方が注目されていた。
自らの疑惑を捜査していた捜査機関トップの突然の解任については、野党・民主党からは、すでに批判が噴出していて、新たな火種になるとみられる。

最終更新:5/10(水) 16:53

ホウドウキョク