ここから本文です

下請けに代金不当減額で勧告

ホウドウキョク 5/10(水) 22:15配信

公正取引委員会は、山崎製パンが、コンビニエンスストア「デイリーヤマザキ」などで販売する弁当などの製造を委託している下請け事業者に対し、不当に代金を減額していたとして、再発防止を勧告した。
山崎製パンは、2014年から2015年まで、10の事業者に対し、自社商品の販売を促すための経費や箸代などとして、下請け代金からおよそ4,620万円を差し引いていたという。
中小企業庁は4月、下請け代金の減額を禁止する規定に違反しているとして、公正取引委員会に措置を取るよう求めていた。

最終更新:5/10(水) 22:15

ホウドウキョク