ここから本文です

アラン・ドロンさん引退へ

ホウドウキョク 5/10(水) 23:29配信

「人生の終わりではないが、キャリアの終わりだ」と、引退を表明した。
映画「太陽がいっぱい」など、数多くの映画に出演したフランスの俳優、アラン・ドロンさんが9日、近く引退する意向を示した。
現在81歳のアラン・ドロンさんは、フランスメディアの取材に対し、「もうこの年だ。人生の終わりではないが、キャリアの終わりだ」と語り、映画と舞台、それぞれ1本ずつ出演するのを最後に、引退するという。
過去にも引退を宣言したことがあるアラン・ドロンさんだが、「今回は本当だ」と話している。
最後となる映画は、フランスの巨匠、パトリス・ルコント監督の作品で、2018年公開予定。

最終更新:5/10(水) 23:29

ホウドウキョク