ここから本文です

星の下で「昼寝タリウム」 厚木・子ども科学館に新プログラム

カナロコ by 神奈川新聞 5/10(水) 7:07配信

 サラリーマンの癒やし空間に-。厚木市の「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」(同市中町1丁目)のプラネタリウムでは10日から、昼休みの時間限定で音楽を聴きながら満天の星の下で休憩できるプログラム「昼寝タリウム」を始める。毎週水曜日に行う新たな取り組みで、料金は200円。

 同館によると、投影時間は午後0時15分から約30分。通常の星座などを紹介する番組を上映するが、ナレーションや解説なしで心地よい音楽を流して落ち着いて休める工夫をする。

 対象は市内に多く立地する企業に通勤するビジネスパーソンを想定し、途中入退場を自由にする。仕事の疲れが出てくる一週間の折り返しになる水曜日を選んだ。お得な年間パスポートの利用もできる。

 同館プラネタリウムは座席数90。妊婦専用や大人向けに生演奏を行うなど多彩なサービスを企画して観覧者が増加、2015年度は約3万4千人となって小規模施設(99席以下)部門で全国2位になった。

 同館は「今回の試みは県内施設でも初めて。昼休みの隠れ家的に利用してもらえれば」と話している。

最終更新:5/10(水) 7:07

カナロコ by 神奈川新聞