ここから本文です

全米No.1!ロングヒットに期待したい夏にピッタリの1曲 / 「アイム・ザ・ワンft.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン」DJキャレド(Song Review)

Billboard Japan 5/10(水) 20:05配信

 2017年4月28日に、DJキャレドの新曲「アイム・ザ・ワン」がリリースされた。この曲は、「バッド・アンド・ブージー」の大ヒットでブレイクした、ヒップホップ・トリオ、ミーゴズのクエヴォと、【第59回グラミー賞】で<最優秀ラップ・アルバム>を受賞したチャンス・ザ・ラッパー、2000年代を代表する中堅ラッパー、リル・ウェイン、そして、9月に来日公演が決定しているジャスティン・ビーバーの4人が、ゲストとして参加している。セールス、ストリーミング共に絶好調で、最新の米ビルボード・ソング・チャート(2017年5月20日付)で、DJキャレド初の首位獲得を果たした。

 レゲエとトロピカル・サウンドをミックスしたような、これから迎える夏にピッタリのサウンドで、特に夕暮れ時にまったりしながら聴きたい、いわゆるチルアウト系のナンバー。リリース同日に公開されたミュージック・ビデオも、プールサイドやガーデンで、水着のセクシーな女性と絡みながら5人が交互に歌う、こちらも夏らしい仕上がりになっている。ラジオ受けも良さそうで、夏が終わるまでロングヒットが期待できそうだ。

 プロデュースは、DJキャレドとニック・ナックが担当。ニック・ナックは、クリス・ブラウンやタイ・ダラー・サイン、スクールボーイ・Qなど人気アーティストの作品を手掛ける売れっ子で、彼のプロデュースで全米No.1を獲得したのは、この曲が初となる。制作は、この5人に加え、ジャスティンの大ヒット曲「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン」などを手掛けたジェイソン・ボイドや、日本で大ブレイク中のオースティン・マホーンの楽曲を担当した、ボビー・ブラッキンズも参加している。

 「アイム・ザ・ワン」は、間もなくリリース予定の、DJキャレド通算10作目となるスタジオ・アルバム『グレイトフル』からの先行シングルで、2月にはビヨンセと夫ジェイ・Zをフィーチャーした第一弾シングル、「シャイニング」がリリースされている。「シャイニング」に続き、「アイム・ザ・ワン」にもDJキャレドの息子、アサド君がジャケット写真に起用されていて、浮き輪に座って微笑む顔に癒される。


Text:本家一成

◎リリース情報
「アイム・ザ・ワンfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン」
DJキャレド
2017/4/28 RELEASE

最終更新:5/10(水) 20:05

Billboard Japan