ここから本文です

欅坂46『不協和音』がトリプル・プラチナ認定、嵐『I'll be there』はダブル・プラチナ

Billboard Japan 5/10(水) 12:15配信

 日本レコード協会が2017年4月度ゴールドディスク認定作品を発表した。

 欅坂46の4thシングル『不協和音』がトリプル・プラチナ作品として認定。最低累計正味出荷枚数が750,000枚を超えた作品に与えられるものとなる。

 また、嵐の51stシングル『I'll be there』がダブル・プラチナ作品、NGT48の1stシングル『青春時計』とゆずのベスト・アルバム『ゆずイロハ 1997-2017』がプラチナ作品として認定された。今月度はそのほかに、7作品(アルバム4作品、ビデオ3作品)がゴールド認定されている。

 なお、認定基準については以下の通り。

<認定基準>
認定:最低累計正味出荷枚数
ゴールド:100,000
プラチナ:250,000
ダブル・プラチナ:500,000
トリプル・プラチナ:750,000
ミリオン:1,000,000
2ミリオン:2,000,000
3ミリオン:3,000,000

<2017年4月度ゴールドディスク認定作品>
・トリプル・プラチナ認定作品
欅坂46『不協和音』(シングル)
・ダブル・プラチナ認定作品
嵐『I'll be there』(シングル)
・プラチナ認定作品
NGT48『青春時計』 (シングル)
ゆず『ゆずイロハ 1997-2017』(アルバム)

ゴールドディスク認定:http://www.riaj.or.jp/f/data/cert/gd.html

最終更新:5/10(水) 12:15

Billboard Japan