ここから本文です

里崎氏、9回阪神・福留の併殺に「糸井が走らなかったことで…」

5/10(水) 21:50配信

ベースボールキング

○ 巨人 9 - 7 阪神 ●
<7回戦 東京ドーム>

 阪神は7点を追う6回に4点を返し、9回にも中谷将大の3号ソロが飛び出し2点差に迫るも、あと一歩及ばなかった。

 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた里崎智也氏は、3点を追う9回、先頭の糸井嘉男がセンター前ヒットで出塁した後の攻撃について言及。無死一塁で打席には4番・福留孝介を迎え、巨人の守備陣は一塁の中井大介がベースから離れ、守護神のカミネロもクイックするそぶりを見せず、昨季パ・リーグ盗塁王の糸井に盗塁するチャンスが十分にあった。しかし糸井は盗塁せず、福留は二ゴロ併殺打と最悪な結果に。

 このプレーに里崎氏は「糸井が走らなかったことで、起きたダブルプレーですね。(若いカウントで糸井が)走っておけば、一死三塁になっていた。チャンスメイクできたところを、二死ランナーなしですから。なぜ走らなかったか不思議で仕方がない。一塁手もベースを離れていて、カミネロも全くクイックしない。走ってくれてもいいですよという状況で、ダブルプレー」と阪神の攻撃に疑問を感じたようだ。

 続く中谷のソロで2点差にし、鳥谷敬も四球で出塁。一発が出れば同点の場面を迎えるも、糸原健斗は空振り三振に倒れ、試合が終了した。里崎氏は試合後も、「糸井が走っていたら結果が変わっていたとは言いませんけども、もっと違う展開が待っていたかもしれない。あそこのダブルプレーは避けられたように思います」と話していた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(金) 14:20