ここから本文です

里崎氏、連勝ストップも「阪神の強さは本物」

5/10(水) 22:15配信

ベースボールキング

○ 巨人 9 - 7 阪神 ●
<7回戦 東京ドーム>

 阪神が巨人に7-9で敗れ、連勝が6でストップした。

 5回終了時点で2-9と7点ビハインドと苦しい展開となったが、6回に糸原健斗の押し出し四球、高山俊、北條史也の連続タイムリーで4点を返し3点差に迫る。リリーフ陣も6回から登板した藤川球児、高橋聡文、岩崎優が1イニングを無失点に抑え、巨人に流れを渡さなかった。

 3点ビハインドの9回、阪神は先頭の糸井嘉男がセンター前ヒットで出塁するも、福留孝介が併殺打。チャンスを広げることができず。その後、中谷将大の第3号ソロで2点差にしたが、後1本が出ず敗れた。

 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた里崎氏は初回、失点した場面に「岩貞が踏ん張り切れなかったもの痛いですけど、北條のエラーからというところも痛かった」と無死一塁から中井大介の遊ゴロをファンブルした北條史也のプレーを残念がった。

 また、3点を追う9回の攻撃についても「(無死一塁で)糸井が走っていたら結果が変わっていたとは言いませんけども、もっと違う展開が待っていたかもしれない」と課題点を挙げた。

 それでも、「(6回に)藤川を出した起用法といい、その後の阪神の選手のバッティングといい逆転しそうな雰囲気はあった。負けたとはいえ阪神の強さは本物だと感じました」と太鼓判を押した。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 15:05