ここから本文です

GT300より“先に”ヨーロッパで勝利を飾ったレクサスRC F GT3。代表ドミニク・ファーンバッハーに聞く

オートスポーツweb 5/10(水) 21:15配信

 5月4日に行われたスーパーGT第2戦富士では、GT300クラスでJMS P.MU LMcorsa RC F GT3が優勝を飾ったが、そこから4日前の4月30日、ポルトガルのエストリルでレクサスRC F GT3が2勝を飾っている。ヨーロッパで開催されているインターナショナルGTオープンの開幕ラウンドで、エミール・フレイとファーンバッハー・レーシングが走らせた2台が、それぞれ勝利を飾ったのだ。

【ファーンバッハー・レーシングのレクサスRC F GT3】

 エミール・フレイとファーンバッハー・レーシングは、2016年にVLNニュルブルクリンク耐久シリーズに参戦。2017年型のレクサスRC F GT3をSP-Xクラスで走らせ、ファーンバッハー・レーシングのマシンがデビューウインを飾った。今季ふたつのチームは、ヨーロッパで20台ほどが参戦するGTオープンにカテゴリーを移し、RC F GT3を走らせている。

 迎えた4月27~30日に行われた第1ラウンドのエストリルでは、レース1でエミール・フレイが、レース2でファーンバッハーのRC F GT3が優勝。開幕ラウンドを制圧した。ファーンバッハー・レーシングのドライバー兼チーム代表を務めるドミニク・ファーンバッハーはスーパーGTの経験もあるドライバーだが、彼に今季の活動について聞いた。

──ヨーロッパに数あるGT3レースのなかで、今季の活動の拠点をGTオープンに選んだ理由は?
ドミニク・ファーンバッハー(以下DF):去年までは開発車をドライブしていたけど、今季は正式なGT3カーの新車になったことで、まずはマシンをよく理解するところからはじめなければならない。そのため、ブランパンGTシリーズのような台数が多いシリーズは避けようということになり、参戦台数そのものはそんなに多くはないけれど、ハイレベルな戦いが期待できるGTオープンに参戦することを決めたんだ。

──昨年まではRC F GT3の開発を担っていましたが、今季も引き続き開発プログラムの一環での参戦ですか?
DF:すでにRC F GT3の開発は終了しているから、カスタマーチームとしてレース活動をしているよ。

──2015年、2016年とそれぞれRC F GT3をドライブしてきましたが、今季のマシンとの違いを感じますか?
DF:2015年の初期のRC F GT3から比べれば、今年のマシンは本当に飛躍的に進化をしている。外見はもちろんのこと、シャシーが非常に強化され、安定したのがいちばんの大きな違いだ。さらにはマシンからのフィードバックがダイレクトに来るので、運転が何倍もイージーになったね。エアロやブレーキもずいぶん改良が重ねられたおかげで、思いのままのドライビングが可能となったと言えると思うよ。

──日本ではインターナショナルGTオープンはそれほど知られていないのですが、どんなレースなのでしょうか?
DF:スペインのオーガナイザーが主催するGT3のシリーズで、ポルトガルのエストリルをはじめ、ヨーロッパの6カ国に渡ってサーキットを転戦する。土日にそれぞれ予選とレースがあり、タイヤはミシュランのワンメイクなんだ。プロとプロ/アマの2クラスに分かれていて、僕は弟のマリオと組んでプロクラスに参戦している。あまり有名なシリーズではないけど、トップドライバーや有名チームも参戦しており、レベルは低くないと思うよ(編注:アントニオ・フェリックス・ダ・コスタらも参戦。開幕戦には濱口弘がビタントニオ・リウッツィと組み参戦した)。

──開幕戦の第1レースでは4位、第2レースでは優勝でしたが、フリープラクティスから手応えは感じていましたか?
DF:最初のフリープラクティスではいろいろなセットアップを試していて、第1レースまでには完全なポイントを見つけることができていなかったけれど、翌日の第2レースに向けて徹底的にエンジニアらとデータ解析をしてタイヤについて話し合い、さらには戦略もうまくいったので優勝を飾ることができた。RC F GT3は優勝できたものの、ラップタイムをみると苦しい部分もあるので、これを今後どう縮めるかが大きな課題となるだろうね。

──このGTオープンを戦ううえで難しいことは?
DF:ワンメイク用のタイヤはミシュランのいちばんハードなコンパウンドのタイプで、グリップ力を最後まで保つのはとても難しく感じてるんだ。このレースのカギを握るのはタイヤを読む力と、タイヤマネージメントに尽きると思うね。

──シーズンを通して、日本からのテクニカルサポートはあるのでしょうか?
DF:テストや毎レースごとに、日本からエンジニアやメカニックが帯同してくれているんだ。また、アメリカのチーム(3GTレーシング)、スイスのエミール・フレイ、そして日本のスーパーGTの2チーム(LM corsa)と担当のエンジニアがグループチャットのような感じで意見交換をしたり、ワークスエンジニアが質問に答えてくれるシステムを作ってくれているので、カスタマーサポートには十分な満足と安心をしているよ。

──今後の目標は?
DF:第1ラウンドを終えて、チームとドライバーの両方のランキングトップだ。この調子でポイントを重ねてチャンピオンを狙っているよ。来季はできればスパ24時間レースを含むブランパンGTシリーズに参戦をしたいと強く願っているんだ。他にはニュルブルクリンク24時間にも出ることができたら……と考えているけど、とにかく今季は弟のマリオやチームとともに、RC F GT3のすみずみまで学びとって、世界のGT3界のトップポジションへいけるように頑張るよ!

──去年のVLNでの優勝で世間からの注目は変わりましたか?
DF:去年はVLNにシリーズ参戦していたので、ドイツでのレクサスファンがたくさん増えたと思うよ。ニッサンGT-Rに次いで、第二の日本メーカーのGT3の誕生となったことを、モータースポーツ関係者はもちろんヨーロッパ中のファンが応援してくれているのをとても心強く感じている。

──ところで、サーキットへはレクサスの市販車で颯爽と現れるの?
DF:ボクが普段の足に使っているのは、実はトヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ)! アウトバーンの速度無制限エリアも、スリップストリームを使ってラクラク時速190kmで安定して走れてるよ(笑)!

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/11(木) 14:04

オートスポーツweb