ここから本文です

水槽の中に宝石 ジュエリーシュリンプ12種展示

紀伊民報 5/10(水) 17:00配信

 和歌山県すさみ町江住のエビとカニの水族館は、体色の違う小型淡水エビ12種類を紹介する展示「ジュエリーシュリンプ」を始めた。赤や黄、青、黒、しま模様などの体色ごとに12の水槽に分けている。飼育担当者は「宝石のような色の種類を楽しんでほしい」と話す。

 いずれも体長2センチほど。1種類当たり約20匹を展示している。水族館によると、飼育繁殖が容易で、観賞用として人気がある。体色が違う個体を掛け合わせると、珍しい体色のエビが生まれることもあるという。

最終更新:5/10(水) 17:00

紀伊民報