ここから本文です

移住者向けに情報誌 上富田町

紀伊民報 5/10(水) 17:01配信

 和歌山県上富田町は、町の地域おこし協力隊員の目線で作った移住者向けのフリーマガジン「とことんかみとん」(縦25・7センチ、横20センチ、11ページ)を発行した。移住者相談窓口、地元の公共施設や店舗などに置き、上富田の魅力を伝えている。

 町住民生活課主事で、2016年度に町の地域おこし協力隊員として活動した野崎吉宏さん(27)が作った。さまざまな分野でまちづくりに取り組む住民、お薦めの飲食店や生産者らをカラーで紹介。移住者たちが町の魅力を語る座談会も掲載している。

 3千部を発行。東京都、大阪府、和歌山市にある「わかやま定住サポートセンター」のほか、上富田町役場や町内の公共施設、道の駅、同町と周辺市町の店舗や医院などに置いている。

 野崎さんは埼玉県生まれ。大学卒業後は2年間、東京都の不動産投資会社で営業を経験した。昨年、上富田町の地域おこし協力隊に採用され同町市ノ瀬へ移住した。地域のさまざまな催しに参加しながら婚活事業や紙飛行機を飛ばすイベントなどを手掛け、町の採用試験を受けてこの春から町職員になった。

最終更新:5/10(水) 17:01

紀伊民報