ここから本文です

6、10月「とまと月間」 小松でコミッティー、創作料理を提供

5/10(水) 2:18配信

北國新聞社

 とまとコミッティーは9日、小松市役所で開かれ、特産トマトの消費拡大に向けた取り組みとして、今年度は6月と10月に「小松とまと月間」を展開し、約40カ所の飲食店で創作メニューを提供する。昨年度までは9日間限定だったが、期間を30日間に拡大した。

 北陸学院大短大部食物栄養学科の学生を主体として食育プロジェクトチームを作り、施設を訪問するなどして中学生を対象にした食育プログラムを行う。イオンモール新小松やJA小松市と合同で販促活動を展開する。

 昨年度実施してレシピコンテストで高い評価を得たメニューを商品として提供できるようにアレンジする。コミッティーの委員長は引き続きフードジャーナリストの里井真由美さんが務める。

北國新聞社

最終更新:5/10(水) 2:18
北國新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ