ここから本文です

鹿島の石井監督、タイ王者撃破でE組首位通過へ「先制点がポイント」

5/10(水) 12:26配信

SOCCER KING

 10日に行われるAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ(GS)最終節(第6節)で、鹿島アントラーズはムアントン・ユナイテッド(タイ)とホームで対戦する。すでに決勝トーナメント進出を決めている両クラブの対戦は、グループ内順位を決める戦いとなった。同試合を前に、鹿島の石井正忠監督が公式会見に出席。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 石井監督は「ムアントンとアウェイで対戦した時には攻撃的なチームだと感じた」と、1-2で敗れた2月28日のGS第2節での印象を語り、以下のように続けた。

「先制されると勢いに乗せてしまうので、先制点がポイントになる。ムアントンは攻撃の選手に能力が高い選手がいる。全体的に攻撃が好きだと感じる」

 前回の対戦では前半に直接FKを決められて先制を許しているだけに、今節では先手を取りたいところ。石井監督は「前回対戦時の映像を見ながらミーティングをしたが、連係面やコンディション面で今の方が確実に良くなっていると感じている。良い結果を出せると思う」と、勝利への自信を示した。

 鹿島は勝てばグループEを首位で通過。ラウンド16でグループGの2位・広州恒大(中国)と対戦することとなる。ムアントン戦で引き分け以下に終わった場合は、ラウンド16でグループGの首位・川崎フロンターレと顔を合わせることとなる。

SOCCER KING

最終更新:5/10(水) 12:26
SOCCER KING