ここから本文です

シュヴァインシュタイガー、MLSを欧州と比較「時々イライラすることも」

SOCCER KING 5/10(水) 18:24配信

 MLS(メジャーリーグ・サッカー)のシカゴ・ファイアーに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが、MLSの特徴をヨーロッパと比較して説明した。10日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 マンチェスター・Uで戦力外扱いを受け、3月にシカゴ・ファイアーへ移籍したシュヴァインシュタイガー。加入後はチームの主力として活躍し、ここまでリーグ戦6試合出場2ゴールを記録している。しかし、同選手は長らく世界最高峰のリーグでプレーしていたこともあり、まだまだアメリカサッカーのスタイルに慣れないことも多いようだ。

 シュヴァインシュタイガーは「このリーグがプレミアリーグやブンデスリーガと違うことは皆が分かっている。話し合いが行われなかったり、誰かがボールを失ったり、アイコンタクトがなかったり。時々イライラすることもあるよ」とコメント。ヨーロッパとのレベルの違いを指摘し、正直な気持ちを明かした。

 また、同選手は「誰のことも責めてないよ。これは僕の問題だ。バイエルンや代表と比べればギャップはあるが、自分で決めたことなんだ。このリーグに適応し、あらゆるシチュエーションに対処しなければならない」と語り、新たな地への順応を誓っている。

 シカゴ・ファイアーは現在、イースタン・カンファレンスで6位につけている。ここ3試合白星がなく、調子の上がらない同クラブだが、シュヴァインシュタイガーはチーム浮上の立役者になれるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:5/10(水) 18:24

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合