ここから本文です

キャラガー氏、古巣リヴァプールのイングランド代表DFキーン獲得に疑問

5/10(水) 18:14配信

SOCCER KING

 元イングランド代表DFで現在解説者として活躍しているジェイミー・キャラガー氏が、古巣リヴァプールへの移籍が噂されるバーンリーのイングランド代表DFマイケル・キーンについて、否定的な見解を示した。9日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在24歳のキーンは、今年3月に行われたドイツ代表との国際親善試合で代表デビューを飾った期待のセンターバックの1人。国内の複数クラブがこぞって関心を示していると報じられるなか、イギリス紙『デイリーミラー』などは8日、アカデミー時代を過ごしたマンチェスター・Uを制して、リヴァプールが選手側と移籍で個人合意に達したと伝えた。しかし、キャラガー氏はバーンリーとリヴァプールで採用されている戦術の違いを理由に、キーンの獲得に難色を示している。

 キャラガー氏は、「バーンリーとリヴァプールでは、あまりにもスタイルが違いすぎる。バーンリーが採用する4-4-2では、最終ラインに至るまでに守備のサポートがいくつもある。クリスタル・パレスで復活したママドゥ・サコーが格好の例で、彼もリヴァプールから離れたら見違えるような選手になった」とコメント。バーンリーよりも攻撃的な戦術を採用するリヴァプールで、センターバックを務めるほどの実力の持ち主ではないと主張した。

 また同氏は2500万ポンド(約35億円)とされる移籍金についても、「彼は(デヤン・)ロヴレンや(ジョエル・)マティプより優れているだろうか? せいぜい同レベルだろう。そこまでの金額を費やす必要はない」と疑問を呈している。

 現役時代、リヴァプール一筋で公式戦737試合に出場したキャラガー氏だけに、同じセンターバックに対する見方はシビアなようだ。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:5/10(水) 20:31
SOCCER KING