ここから本文です

“鉄壁”ユーベの無失点記録ストップさせた18歳FWムバッペ「僕たちは最高のチームに敗れた」

ゲキサカ 5/10(水) 14:21配信

 9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝第2戦でユベントス(イタリア)と対戦したモナコ(フランス)は1-2で敗れた。2試合合計1-4となり、大会から姿を消すことになったがFWキリアン・ムバッペは「この大会で後悔していることはあまりないよ」と振り返っている。

 対戦相手はグループリーグ第5節セビージャ戦以降、6試合連続完封を続けていた鉄壁ユベントス。しかし、後半24分に18歳FWがゴールをこじ開ける。左サイドからPA内に進入したMFジョアン・モウチーニョがグラウンダーのクロスを送ると、ニアサイドでムバッペが合わせてネットを揺らし、ユベントスの連続無失点をストップさせた。

 今大会6ゴールを記録したムバッペが試合後に『レキップ』に語ったコメントを『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

「僕たちの武器を使って相手を苦しめようとしたけど、難しかったね。僕のゴールも記録に残っただけになってしまった。でも、この大会で後悔していることはあまりないんだ」

「最高のチームに敗れたことで、僕たちは多くのことを学ぶことができるよ。来年、この経験を生かしてもっと強くなって戻ってきたい」

最終更新:5/10(水) 14:23

ゲキサカ