ここから本文です

フェリペ・シウバが移籍後初弾…広島、鳥栖に完封勝利で3戦ぶり白星

ゲキサカ 5/10(水) 21:16配信

[5.10 ルヴァン杯GL第5節 広島1-0鳥栖 Eスタ]

 ルヴァン杯は3日、グループリーグ第5節を行い、B組では2連敗中のサンフレッチェ広島とここまで未勝利(2分1敗)のサガン鳥栖が対戦。後半22分に生まれたMFフェリペ・シウバの得点で先制した広島が、そのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。

 前半12分に広島がシュートチャンスを迎えるも、MF清水航平のクロスの流れからMF松本泰志放ったシュートは枠を捉え切れず。その後は両チームともに相手の粘り強い対応に遭ってシュートまで持ち込めない時間帯が続いた。同28分にはゴール前で得たFKをMF水野晃樹が直接狙ったが、GK中林洋次に弾き出されてしまう。

 0-0のまま後半を迎えると、後半19分にフェリペ・シウバのスルーパスからPA内に進入したMF茶島雄介が好機を迎えるも、シュートは距離を詰めたGK赤星拓に阻まれてしまう。しかし同22分、相手のバックパスをカットしたフェリペ・シウバが単独でPA内まで持ち込むと、飛び出した赤星をあざ笑うかのようなループシュートでネットを揺らし、広島が先制に成功した。この得点は今季加入したフェリペ・シウバにとって、移籍後公式戦初ゴールとなった。

 1点を追い掛ける鳥栖は後半27分にFW池田圭、同30分にMF高橋義希を投入して状況を打開しようと試みる。しかし、最後まで同点ゴールは生まれずに広島が1-0の完封勝利で3試合ぶりの白星を獲得した。

最終更新:5/10(水) 21:18

ゲキサカ