ここから本文です

アジアは現行4.5から最大9か国出場へ…FIFAが26年W杯の出場枠案を承認

5/10(水) 23:05配信

ゲキサカ

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、バーレーンのマナマで理事会を開き、出場枠が現行の32か国から48か国に拡大される2026年W杯の大陸別出場枠案を承認し、アジアは現在の4.5から8に増えることが正式に決まった。

 FIFAは今年1月、2026年W杯より出場チームを現行の32か国から48か国に拡大することを発表。9日の理事会では、出場枠の拡大を受けて大陸別出場枠案について話し合い、アジア以外では欧州が現行の13から16、南米が4.5から6、北中米カリブ海が3.5から6、アフリカが5から9、オセアニアが0.5から1に増加されることが決定した。

 また、上記46チーム以外の残り2枠は、開催国が所属する連盟と欧州以外の5大陸連盟の代表で争われるプレーオフで決まり、アジアからは最大で9チームが出場権を獲得できることになる。

2026年W杯の大陸別出場枠は以下の通り

アフリカ…9(現行5)
アジア…8(現行4.5)
ヨーロッパ…16(現行13)
北中米カリブ海…6(現行3.5)
オセアニア…1(現行0.5)
南米…6(現行4.5)

最終更新:5/10(水) 23:09
ゲキサカ