ここから本文です

錦織が復帰星「痛みの怖さにも勝たないといけない」

日刊スポーツ 5/10(水) 23:17配信

<テニス:マドリードオープン>◇10日◇スペイン・マドリード◇男子シングルス2回戦ほか

【写真】錦織第6シード マドリード・オープン組み合わせ

 男子テニスで、世界8位の錦織圭(27=日清食品)が、逆転で復帰戦を勝利で飾った。第1セットを落としたが、同40位のシュウォーツマン(アルゼンチン)に1-6、6-0、6-4の2時間で逆転勝ち。最後、6度目のマッチポイントを決めると、喜びでラケットを投げあげた。3回戦では、同30位のフェレール(スペイン)と対戦する。

 主な一問一答は以下の通り。

 -第1セットから、どうやって切り替えたか

 錦織 まだうまくいかないところが第1セットはあった。我慢が足りなかった。思い切りプレーする場面と粘る場面と、少しずつ良くなってきた。

 -ケガの具合は

 錦織 ほぼ今はいいですが、長い試合だったので、明日の朝に痛みが出るパターンが多い。今はいいが、明日、起きてみて。

 -マッチポイントを何度も跳ね返された

 錦織 (相手は)サーブがそこまで速くないので、攻めるように意識はしていた。最後は思い切ってプレーした。

 -復帰戦で何が1番、不安か

 錦織 痛みがまだ完治はしていないので、戻ってくるのが1番、怖い。その痛みの怖さにも勝っていかないといけない。試合勘という意味では、第1セットは長いラリーになれていなかったり、攻め急いでしまった。

 -次はフェレール

 錦織 何度も好試合を繰り広げたライバルでもある。自分に挑戦できるという点で、いつも彼との試合は楽しみ。

最終更新:5/10(水) 23:36

日刊スポーツ