ここから本文です

BMW、3シリーズ グランツーリスモにディーゼルモデルを追加

オートックワン 5/10(水) 12:54配信

ビー・エム・ダブリューは、3シリーズ グランツーリスモのラインアップにクリーンディーゼルエンジンを搭載した320d グランツーリスモと320d グランツーリスモをベースにBMW独自の4輪駆動システムを搭載した320d グランツーリスモ xDrive(エックスドライブ)を追加し、2017年5月10日より販売を開始する。

このニュースのフォトギャラリー

今回、ラインアップに追加となる2モデルには、アルミニウム合金製クランクケースを採用した2リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジンが搭載されている。

最新のコモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムと可変ジオメトリー・ターボチャージャーの組み合わせにより、最大出力は140kW(190ps)/4000rpm、最大トルクは400Nm(40.8kgm)/1750-2500rpmを実現する一方、燃料消費率(JC08モード)は、19.4km/Lというの低燃費を誇る。

※320d グランツーリスモ xDriveの燃費は17.4lmL

NOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒などメンテナンス・フリーの最先端排出ガス処理技術「BMW BluePerformanceテクノロジー」の採用により、ディーゼル車に対する世界最高水準の排出ガス基準である日本のポスト新長期規制に適合する優れた環境性能を実現した。

また、320d グランツーリスモ xDriveは、路面状況を各種センサーが常にモニタリングし、トルクを前後で可変配分できるインテリジェント4輪駆動システムxDrive(エックスドライブ)により、最適なトラクションを提供する。

このxDriveは、常に路面状況をモニタリングする事により、アンダーステアやオーバーステア等、危機的状況を事前に察知し対応することで、特に荒天時や悪路において、より安全な走行をドライバーに提供することができる。

価格(消費税込)は、320d グランツーリスモが669万円~675万円、320d グランツーリスモ xDriveが700万円~706万円となる。

最終更新:5/10(水) 12:54

オートックワン