ここから本文です

クレディS、アジア株式部門で最大35人削減と関係者-収入落ち込みで

5/9(火) 14:32配信

Bloomberg

スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループは、収入の落ち込みに伴いアジアの株式部門で最大35人を削減する。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

非公開情報であることを理由に匿名を条件に語った関係者によると、主な削減対象はアジア地域でトレーディングとセールス、ヘッジファンド顧客に対応するプライムブローカレッジ、リサーチに従事する行員。約2カ月前に始まった今回の人員削減は、6月までに完了するという。

クレディ・スイスは、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)が「顧客活動の著しい低下」で打撃を受け、利益が出なくなっていると名指ししたマーケッツ部門の再編を進めている。1-3月(第1四半期)のアジア太平洋の株式トレーディング収入は、デリバティブ(金融派生商品)セールスの落ち込みが響き、16%減少した。

関係者によると、クレディ・スイスはデリバティブを除くアジア株式部門のバランスシートを15-18%圧縮し、他の業務で自由に使える資本の確保も目指す。同行の広報担当者は、人員削減に関するコメントを控えている。

原題:Credit Suisse Said to Plan Cutting 35 Asia Equities Jobs by June(抜粋)

Cathy Chan

最終更新:5/9(火) 14:32
Bloomberg