ここから本文です

武田薬が都内ビルを300億円で売却、出資者は韓国のNH証券

5/9(火) 21:06配信

Bloomberg

武田薬品工業は、都内に保有するオフィスビルを売却したことを明らかにした。事情に詳しい複数の関係者によると売却額は300億円超で、不動産投資運用のEGWアセットマネジメントを通じて、韓国のNH投資証券が購入した。

武田薬が売却したのは「品川シーサイドTSタワー」。EGWは国内外の機関投資家からの出資で不動産投資を展開しており、このビルの取得にはNH投資証券が出資しているという。

EGWアセットの運用資産規模は今回の取得を含めると約2000億円。同ビルにはソニーモバイルコミュニケーションズが入居している。

武田薬の広報担当、小林一三氏は10日朝、「4月に売却、受け渡しを行った」と同ビル売却の事実を確認した。NH投資証券の広報担当はコメントを控えた。

全体に情報を書き加えました.

Katsuyo Kuwako, Kathleen Chu

最終更新:5/10(水) 15:25
Bloomberg