ここから本文です

英国で「iPhone 7」が爆発か--電話に出ようとスワイプした瞬間に

CNET Japan 5/10(水) 10:00配信

 右スワイプしたら、ボーンとなった。

 これは、Lee Hayes氏が自分の「iPhone 7」で体験した不幸な出来事である。

 Hayes氏がThe Sunに話したところによると、入手してまだ3日目のiPhone 7で電話に出ようとしたら急に燃え上がったそうだ。

 記事には「それはキッチンの台に置いてあり、鳴っているのが聞こえた。電話に出ようと画面に触れた途端、爆発した」(Hayes氏)とある。

 Hayes氏の証言にある大きな爆発音とシューシューといった音は、スマートフォンが自然発火した事例に関する多くの報告と一致している。

 米CNETはAppleにコメント求めたが、直ちに回答は得られなかった。

 英国サウスポート在住の男性、Hayes氏(42)はSunに対し、細かいガラスのかけらがたくさん手に刺さってしまい、このiPhone 7の置いてあったキッチンの台には焦げ跡ができた、と語ったという。

 自称「The Scorpion」(サソリ)というセミプロのダーツプレイヤーであるHayes氏は、けがのせいで試合ができなくなり、Appleを訴えようと思う、とSunに述べた。

 Hayes氏自身は以前、法的な問題に関与していたことがあるらしい。サウスポートのニュースサイトOTS Newsによると、Lee “The Scorpion” Hayesという人物に2016年、司法妨害の罪で有罪判決が下されている。同氏は、この2件に関しコメントを求められたが返答していない。

 スマートフォンの爆発は、バッテリに原因があるとされることが多い。すっかり評判が落ちた、サムスンの「Galaxy Note7」もバッテリの欠陥が原因だった。Galaxy Note7の例では、あるユーザーがズボンのポケットに入れていたら爆発したと主張し、サムスンを訴えたとの報道もあった。

 今回の件は、スマートフォンのメーカーや、新品かそうでないのかといった問題とあまり関係ないようだ。スマートフォンは電子機器で、故障する可能性があるのだ。

 Hayes氏はSunに、自分は割とラッキーだったと思う、と述べた。

 「ひどいけがで……手からたくさん出血した……しかし、これで済まない可能性だってあった。手がなくなっていたかもしれない」(Hayes氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:5/10(水) 10:00

CNET Japan