ここから本文です

音楽業界団体による公式チケットリセールサービス「チケトレ」が開設

CNET Japan 5/10(水) 13:08配信

 日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会、コンサートプロモーターズ協会、コンピュータ・チケッティング協議会の4団体は5月10日、公式チケットトレードリセール「チケトレ」をプレオープン。6月1日12時から正式オープンする。サービス運営はぴあが行う。

 チケトレはイベントチケットをユーザー間同士で2次売買ができるサービスとして展開。チケットはすべて券面金額で出品されるのが特徴。インターネット上で本人確認を利用した登録制となっており、対応デバイスはスマートフォンならびにPC。決済はクレジットカード、キャリア決済に対応し、今後コンビニ決済も導入予定。

 会員登録時に本人確認を実施し、代金のやり取りはチケトレ事務局が仲介。公演終了後までチケトレが代金を預かる形となっているため、ユーザー間のトラブルを防止するとしている。出品者と購入者間での購入成立後はチケットの発送から受け取りまでのやり取りをサポートするほか、偽造チケットや出品者都合によるチケットの未着、紛失、破損といった理由で購入者が公演に入場出来なかった場合、運営事務局が取引をキャンセルし、購入者にチケット代金と取引に関わる手数料を全額返金するという。出品者と購入者の取引手数料はチケット券面金額の10%。3999円以下のチケットについては一律400円。これとは別に、購入者には決済システム手数料、出品者には送金システム手数料がかかる。一定のキャンペーン期間中は、出品者の取引手数料を無料としている。

 まずは発券済みの紙チケットのみを取り扱う。チケットの価格は、運営を行うぴあで販売する興行の金額を設定する。またチケットに記載された名義と異なる購入者の入場をスムーズにするため、バウチャー(購入証明書)を発行。バウチャーは、購入者によるチケット受取後、マイページに表示されるという。

 4団体はイベントチケットの高額転売防止を訴える声明を、賛同アーティストやフェス、イベントとの連名で発表し、キャンペーンサイトも公開した。今回のチケトレは、この高額転売問題に関して、ユーザーから最も意見が多かった「本当に行けなくなった時の救済措置を作って欲しい」というニーズを早急に解決するためのものとしている。また、今後の取り組みとして、チケット大量購入の抑制、チケット電子化やIDチェック、顔認証など会場での本人確認、アーティストとプロモーターの共同声明による転売問題の認識と対策に向けた世論の喚起を図るという。

最終更新:5/10(水) 13:13

CNET Japan