ここから本文です

中国の生産者物価、4月も伸び鈍化-世界的リフレ後退の兆し

Bloomberg 5/10(水) 11:04配信

中国の4月の生産者物価指数(PPI)は予想以上に伸びが鈍化し、中国経済の後押しで強まっていた世界的なリフレーションが和らぎつつある兆しが新たに示された。

国家統計局が10日発表した4月のPPIは前年同月比6.4%上昇。ブルームバーグが調査したエコノミストの予想中央値では6.7%の伸びが見込まれていた。3月の上昇率は7.6%だった。一方、4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.2%上昇。3月は0.9%上昇だった。

PPIは2月に約8年ぶりの高い伸びとなり、世界的なデフレ圧力からのシフトを後押ししていたが、最近の鈍化の兆しはそうした貢献がそれほど長くは続かないかもしれないことを示している。インフレ鈍化は、工業利益の拡大を維持するのがより困難になり、企業の債務負担がさらに大きくなる可能性を示唆するものだ。

世界の商品価格は先週5カ月ぶり安値を付け、ドナルド・トランプ氏が予想に反して米大統領選を制して以来の上げをほぼ消した。下げの中心となっているのは工業用金属と原油。今年の早い段階では、世界の成長加速が需要を押し上げるとの観測から両セクターが資源価格上昇に寄与していた。

みずほセキュリティーズアジアのアジア担当チーフエコノミスト、沈建光氏(香港在勤)は「PPIは既にピークを迎え、今の水準から一段の鈍化に向かっている」と指摘。「シャドーバンキング(影の銀行)の取り締まりと住宅市場の引き締め策が投資を鈍らせ、世界的な商品安が中国の物価圧力抑制に寄与するだろう」と述べた。

原題:China’s Factory Prices Ease as Commodity Market Surge Abates(抜粋)

3段落目以降でコメントなどを追加して更新します.

Xiaoqing Pi

最終更新:5/10(水) 12:25

Bloomberg