ここから本文です

アジア株:上昇、香港株の上げ目立つ-セーフヘイブン需要後退

5/10(水) 11:49配信

Bloomberg

10日のアジア株式相場は上昇。香港株の値上がりが目立つ。北朝鮮の核計画を巡る懸念に伴いアジア市場で一時的に強まっていたセーフヘイブン(安全な避難先)資産需要が後退した。

日本時間午前10時58分ごろの時点で、香港のハンセン指数は0.6%高と、3日続伸。オーストラリアのS&P/ASX200指数は0.3%高。マレーシアやシンガポール、タイは祝日のため休場。

外国為替市場では、韓国のウォンが0.5%値下がり。9日投開票の韓国大統領選挙では「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が勝利し、9年ぶりの政権交代となった。ウォンを巡っては引き続き北朝鮮が核実験を強行するのではとの懸念が響いている。ブルームバーグのドル・スポット指数は0.2%低下。前日は0.3%上昇だった。

原題:Asian Stocks Rise as Safe-Haven Assets Lose Appeal: Markets Wrap(抜粋)

Adam Haigh

最終更新:5/10(水) 11:49
Bloomberg