ここから本文です

男児わいせつ逮捕の教諭、別の学校でも勤務 神戸

神戸新聞NEXT 5/11(木) 7:20配信

 勤務先の小学校で児童にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警に逮捕された神戸市立小学校教諭の男(25)が2014年度に臨時講師として採用され、別の市立小で勤務していたことが10日、同市教育委員会への取材で分かった。事件を受け、市教委は前任校での被害の有無についても調べ、男を近く懲戒処分にする。

 市教委によると、男は14年4月から2年間、同市内の小学校で臨時講師として担任を持った。その後、16年度に正式採用され、現在の小学校に着任した。

 捜査関係者らによると、男は16年度、勤務する小学校で低学年の男子児童の下半身を触るなどした疑いが持たれている。同校の複数の男児が被害を訴えたことから市教委は前任校でも調査が必要と判断、校長らへの聞き取りでは被害の報告はないという。

 市教委によると、問題発覚後の今年2月、現在の勤務校の調査に対し、男は「不適切な身体接触をした」という趣旨の発言をしたという。市教委はスクールカウンセラーを追加派遣して児童の心のケアを進めている。

 捜査関係者によると、男は4月26日付で、強制わいせつ罪で起訴された。

最終更新:5/11(木) 10:27

神戸新聞NEXT