ここから本文です

川谷絵音、完全復活へ ドラマ「ぼくは麻理のなか」OP曲はindigo la End

5/11(木) 0:00配信

シネマトゥデイ

 昨年12月から活動を自粛していた川谷絵音率いるバンド indigo la End が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODで6月6日から配信されるドラマ「ぼくは麻理のなか」のオープニングテーマを担当することが決定。またドラマの劇中の音楽も川谷が担当していることが公表された。

【画像】昨年10月に活動自粛を報告 12月から自粛に入っていた川谷絵音

 今月7日にはテレビ番組「ワイドナショー」に出演、そして本日10日には所属するもう一つのバンド・ゲスの極み乙女。の3rdフルアルバム「達磨林檎」発売と記念ライブを控え、着々と復活への歩みを進めていた川谷。その中でドラマ「ぼくは麻理のなか」のオープニングテーマに indigo la End の楽曲「鐘泣く命」に決定したことが発表され、こちらでも復活を遂げたといっても過言ではない状況となった。

 ドラマ「ぼくは麻理のなか」は、 押見修造による同名コミックを実写化したもの。今回の配信は、今年3月31日に全8話を一挙ライブストリーミング配信されたものを、6月6日より隔週火曜日0時に1話ずつFODプレミアム対象作品として配信する形が取られる。主題歌はライブストリーミング時と変わらず Shiggy Jr. が担当し、彼らの楽曲「僕は雨のなか」になるとのこと。エンディング曲も Shiggy Jr. が務めるという。

 ドラマの主演は『ReLIFE リライフ』『オオカミ少女と黒王子』などの池田エライザ。池田が演じる女子高生・吉崎麻理を、「コンビニの天使」とひそかに呼んでいた自堕落な生活を送る大学生・小森功には吉沢亮がふんしている。物語では、ある日目を覚ました小森は麻理の姿になっていることに気付く。つまり“麻理のなかに入ってしまった”小森が、彼女の中身が“麻理”ではないことを見破った麻理のクラスメイト・柿口依(中村ゆりか)と共に、本物の麻理がどこに消えたのかを探すストーリーが展開していく。(編集部・井本早紀)

ドラマ「ぼくは麻理のなか」は6月6日0時~よりFODプレミアム(税抜月額価格:888円)にて配信開始(以降隔週火曜日0時更新)

最終更新:5/11(木) 0:00
シネマトゥデイ