ここから本文です

スマホってどれだけ進化したの? 2017年に「iPhone 3GS」で生活してみた

5/11(木) 11:10配信

ねとらぼ

 スマホ、便利ですよね。なかったら困りますよね。

 ある意識調査によると、スマホユーザーの7割以上が“スマホ依存”を自覚しており、1日7時間以上使用する人たちも少なくないようです。

【画像】iPhone 3GSで撮った写真。残念すぎる……

 フリーライターである筆者は会社に属していないので、スマホを1日中触っていても上司に怒鳴られる心配は皆無。ゆえに、7時間触っているなんて珍しくも何ともありません。動画を見たり、SNSをしたりしていると、気付いたら12時間近くいじっていることもあるくらいです。

 そんなスマートフォンの普及が本格化したのは、Apple社が「iPhone 3GS」を発売した2009年。当時はスマホを持っているだけで珍しがられ、「ちょっと貸して!」なんて声が街中の至るところで聞こえていたような気がします。最近は誰しも最新機種を持ち歩いているので、「iPhone」の新機種が発売したときくらいしかそのワードは飛び交わないでしょう。

 とはいえ実際、「あの頃」からスマホはどれくらい進化して、便利になっているのでしょうか。気になったので今回は、当時爆発的に普及した「iPhone 3GS」を1日使ってみて、実際に検証してみることにしました。

 今回使用する「iPhone 3GS」はSIMカードを認識できないため、手持ちのポケットWi-Fiにつなげて使用します。また、普段メインで使っているアプリをあらかじめ入れたところからスタート。

●朝8時:起床

 フリーライターの朝は遅い。と思われがちですが、割とまちまちです。今日は朝から打ち合わせがあるため、一般的なサラリーマンと同じくらいの起床時間となりました。

 まずは日課である、メールチェックから。これは普段となんら変わりなく行えました。動作もとくに問題なし。

 メールチェックと同じく重要なのが、仕事の連絡でよく使う「チャットワーク」と当日の予定を確認する「Googleカレンダー」。この2つは毎朝必ずチェックしなければなりません。

 しかし……。

 なんということでしょう。「iPhone 3GS」は大変残念ながらこの2つのアプリを使用することはできません。対応しているOSの最終的なバージョンが「iOS 6.1.6」のため、これらのアプリに必要な「iOS 9.0」のはるかに手前で止まってしまっているのです。仕方なく「Safari」を使ってブラウザ版でなんとかしましたが。

 うーん、前途多難かも……。気を取り直し、打ち合わせ先の荻窪へ向かうため、駅に向かいます。と、支度をしているときに、あることに気付きました。

 普段使っている「iPhone 6」は、サイズが大きくグラグラして不安定なので、あまりシャツのポケットに入れないようにしていたのですが……。

 iPhone 3GS は、すっぽり入ってちょうど良いのです!

 「そういえば昔、シャツのポケットによく入れていたな……。あの頃、なにして遊んでたっけかな……」なんて7~8年前のことを思い出し、ノスタルジックになりながら駅へと向かいました。

 と、ここで皆さんにクエスチョン。電車に乗る際には「乗り換え案内」を使いますよね? 筆者も一応大人として遅刻はできないので、どんな場面でも使うようにしているのですが、この「iPhone 3GS」ではちゃんと動くと思いますか?

 よかった。問題なくサクサク動作しました! 遅刻は避けられそうなので、一安心です。

●電車に乗って打ち合わせに向かおう

 筆者は普段、電車の中では「ラジオ」を聴いていることが多いので、この日もいつも通り「radiko.jp」のアプリを立ち上げようと思います。結構メモリを使うであろうこのアプリですが、問題なく起動してくれるでしょうか。

 20年前、かの「Windows 95」を触っていた頃を思い出すほどの、もっさり具合の立ち上がり。とはいえ無事に伊集院さんの声が聞こえたので良しとしましょう。ちなみにイヤフォンの端子が上部にある点、個人的にはうれしいポイント。(下部にあることに慣れていたけど、今思うと上部の方が使いやすい気がする)

 さて、打ち合わせ先の荻窪に到着しました。あまりこの街には来ないため、方向感覚が曖昧です。ということで、マップアプリを起動。うまくいくでしょうか?

 位置情報は表示されるのですが、起動に時間がとてもかかってしまい、地図を拡大しようとしてもうまくいかない……。5分くらいかけてもこの状態だったので、そっと閉じることにしました(結局アプリではなく、ブラウザの地図情報でたどり着きました)。そういえば昔「iPhone 3GS」を使っていたときも、マップアプリって起動に時間がかかっていた気が……。

 その後、無事打ち合わせも終わり、カフェで休憩(お昼ごはん)を取ることに。

 この日「コメダ珈琲店」では、期間限定の「キャラノワール」(定番のシロノワールのキャラメルバージョン)が販売中でした。ミーハーな筆者はこちらを注文。そしてここぞとばかりに「Instagram」の「ストーリー」機能を使ってシェアすることに。(24時間で写真や動画が消える、話題のヤツです)

 が……。

 「Instagram」のどこを探しても「ストーリー」機能がありません。

 勘の鋭い方ならお察しかもしれませんが、残念ながら「iOS」のバージョンが古いため、それにあわせて古いバージョンの「Instagram」しかダウンロードできなかったのです。そのため「ストーリー」機能が搭載されていないようでした。うーん……、アプリのアップデートができない「3GS」だと、友人とのコミュニケーションが捗らなくなることも生じるのですね。

 次の予定までまだ時間があるため、アプリをいじって暇つぶしをすることにします。

●普段使っているアプリ、ちゃんと動くの?

 さて。皆さんも暇つぶしのためにスマホをいじることは多いと思われますが、この旧世代「iPhone 3GS」でも、ちゃんと暇つぶしができるのでしょうか。イライラしないように、サクサク動いてほしい!

 まずは「Facebook」から試してみましょう。

 写真をご覧の通り、閲覧に何も問題ありません! いつものようにタイムラインを確認することが可能です。ただ、新バージョンにしか対応していない「360度動画」や「Facebook Live」などは見られないみたい。(これは仕方ない)

 Twitterもサクサク。ハートの「いいね」じゃなくてスターの「ふぁぼ」なのが懐かしくてちょっとうれしい。ただ、「Twitter検索」のところをタップしても、いつも通り「トレンド」や「ニュース」が表示されないのがちょっと不便。普段何げなく使っている機能が「そういえば便利だな」ってあらためて思わされます。

 そして、インターネットブラウザ「Safari」がとても使いにくい!

 まず、第一に、「検索窓」がURLと検索で統一されていないので、普段と同じ窓に打ち込むとページが開かないのです。(これ改良されたとき、うれしかった記憶が……)

 次にこれはどのアプリでもそうなのですが、前ページに「戻る」際、画面の端からスワイプ(スライド)するのではなくて「←」ボタンをタップしないといけません。スワイプに慣れているせいか、結構面倒臭い。やっぱり「iOS」はユーザーが使いやすいように日々進化をしているのですね。

 また、ホームボタンを「二度押し」するとでてくる「マルチタスク画面」。

 バックグラウンドで動作しているアプリが一覧で表示されるのですが、アプリを終了させるときに中身が見えないので、終了させても良いかをいちいち開いて確認しなきゃいけません。こういうちょっとしたところが割とストレスになったりするのです。

 それと、地味に思ったのが、指紋認証のありがたさ。

 普段慣れているせいか、「ロック解除」をスライドさせることすら面倒に感じてしまいます。昔はなんとも思わなかったのに。

 このほかにも、「Wi-Fi」や「Bluetooth」「機内モード」「明るさ変更」などが一覧にまとまっている、下からぴゅっとスライドする「あれ」(調べてみたら「コントロールセンター」というそうです)。めっちゃありがたみが分かりました。3GSの場合、一回ごとに「設定」を開かないといけないのですから。そう考えると昔は、無駄な時間をたくさん使っていたのですね……。

 ちなみに人によって「よく使うアプリ」は異なると思われますが、例えば最新のソシャゲなどは「iPhone 3GS」ではプレイできないことが多いと思われます。一世を風靡した「Pokemon GO」は、残念ながら対応していませんでした。

●本日2つ目の打ち合わせへ

 この日はたまたま仕事の打ち合わせが2件あった日でした。(普段はそんなにないので、自宅作業ばかりです。フリーランスは寂しいのです……)

 と、打ち合わせ先の「新宿」へ向かう際にふと思い立ち、「天気」アプリを開いてみました。これからの天気は……。

 この不思議な天気予報は、昔から変わらないですね……。本日の天気は「晴れ」って表示されているのに、なぜか週間天気で見ると「雷」予報。どういう理論でこう表示されるのでしょうか。

 さて、そうこうしているうちに新宿に到着。本日の打ち合わせ2件目は、繁華街の中にある喫茶店で行うことになっています。

 ちなみにここ「珈琲西武」は、新宿駅東南口から歩いて徒歩約3分。老舗の喫茶店でありながら、Wi-Fiは飛んでいるし電源席も豊富だしと、フリーライターからしたら天国のような場所なのです。ご参考までに。

 2件目の打ち合わせも順調かな? と思いきや、ここで問題発生。スマホの電池が少なくなっていることに気付いてしまったのです。そう、「iPhone 3GS」は現行のiPhoneと比べて、とても電池が減るのが早い……。こりゃあ一大事だ。

 と、ここで、打ち合わせ相手のSさんが気を利かせてくれました。

Sさん:「どうされましたか?」

筆者:「あ、iPhoneの電池がなくなりそうで、充電ケーブルを探していたんですよ」

Sさん:「それなら僕、持ってますよ! お貸ししますね!」

 そういわれて貸してくれたのが、これ。

 Sさんが貸してくれたケーブルは、もちろん「Lightningケーブル」。今日日「iPhone 3GS」対応のケーブルを持っている人なんて、新宿中を探しても、どこにもいないでしょう。

 不思議そうな顔をしたSさんにおわびをし、20%の電池容量のまま夜まで使うことにいたしました。移動中にソシャゲなどの通信量が多いアプリをやっていれば、もっと早く電池がなくなるのでしょう。がんばれ3GS……。まけるな3GS……。

●iPhone 3GS、本日最大の見せ場がやってきました

 時刻は夜20時。筆者はこの日、友人との飲み会の予定が入っていたため、会場がある渋谷へ向かいました。この飲み会で、思いがけないことに筆者の「iPhone 3GS」が大活躍をしたのです。

 気になる様子は、次の写真をご覧ください。

 「iPhone 3GS」、大人気なのです!

 それもそのはず。筆者も今回の記事を執筆するにあたって、7~8年ぶりにiPhone 3GSに触れたのですが、周りの友人たちもそれは一緒。

 何げなくテーブルの上に置いておいた黒い物体に1人が気付けば、飲み会の席のテーマはこの「iPhone 3GS」に様変わり。筆者の3GSは、この日一番の盛り上がりを作ったのでした。

 と、ここで「これ、自撮り機能もないじゃん!」と友人が重要なことに気付きました。そう。「iPhone 3GS」はインカメラが備わっていないため、「自撮り」をする際には画面を裏返し、雰囲気でシャッターを押さないといけないのです。

 雰囲気で撮ると、こうなってしまいます。というか昔は自撮りって文化がそもそもなかったような気もする……。(あったんでしょうか?)

 一応比較をするために、もう一枚撮りました。友人が持っていた「iPhone 7」で。

 やはり「iPhone 7」は違います。店内の照明などはちょっと写真撮影に不向きな環境でしたが、それでも加工なしで、3GSの方では見えない人物の表情などがはっきりと確認できます。ここ数年で、こんなにカメラは進化していたのですね……。

 ということで、今回は丸1日「iPhone 3GS」を使用してみましたが、一番進化を感じたのは「カメラ」の進化でした。(あくまで筆者個人の感想)

 思い返してみると数年前までは、スマホの「カメラ」の画質がそこまで良くなかったので、デジタルカメラ(一眼レフではない)をカバンの中に入れている人も多く見かけましたが、最近は二台持ちの方は珍しくなってきていると思われます。

 そして、次に感じたのが、各アプリの進化具合。例えばTwitterやInstagramなど、何げなく使っているアプリが、意外に使いやすくなっていたりしているのです。アップデートされたときは「いや~こんな機能使わないでしょ。邪魔だよ」なんて思っていたものが、いざない状態に戻ると、不便に感じてしまうのです。これからは新機能が搭載されたら、邪険に扱わないようにしなきゃ。

 また、今回ネット環境はWi-Fiを使っていたので気になりませんでしたが、普段使っている4G LTEと昔使っていた3Gの「速さの違い」は、相当なものだったと記憶しています。発売した当時は電波も全然入らなかったし、なにより3Gは遅かった……!(特に動画再生) 電波や通信速度は、ここ数年でかなり改善されたのではないでしょうか。

 ちなみに、音声アシスタント「Siri」は、筆者は普段使っていないためか、なくても不便だと感じませんでした。これもよく使っている人にとっては、ないと不便に感じるのだと思います。

 数々の発見があった、今回の検証。スマホって本当に便利だな、とあらためて思わせてくれるような一日でした。ちなみにこの先10年後くらいに触ったら、一体どう感じるのでしょうか。その際にはぜひまたご報告したいと思います。

最終更新:5/11(木) 11:10
ねとらぼ