ここから本文です

NASAを陰で支えた女たち、日本上陸!『Hidden Figures』邦題&9月公開決定

cinemacafe.net 5/11(木) 9:00配信

第89回アカデミー賞にて作品賞はじめ、助演女優賞、脚色賞の3部門ノミネート、全米では『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を抜き去りランキングNo.1を獲得、『ラ・ラ・ランド』を上回る大ヒットを記録した『Hidden Figures』。本作が『ドリーム:私たちのアポロ計画』として、9月に日本公開されることが決定した。

【画像】主演のタラジ・P・ヘンソンほか

舞台は、人種差別が色濃い1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し、無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業があった。その達成のために尽力し、“NASAの頭脳”として最も重要な役割を担った3人の黒人女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった、歴史的偉業の“陰に存在した”知られざる貢献者たちのパワフルな実話を映画化。

主演を務めるのは、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で第81回アカデミー賞助演女優賞ノミネート、近年は人気TVシリーズ「Empire 成功の代償」の“クッキー”役でも知られるタラジ・P・ヘンソン。そして、『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』で第84回アカデミー賞助演女優賞を受賞し、本作で2度目のノミネートを果たしたオクタヴィア・スペンサーと、第89回アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』にも出演する個性派シンガーのジャネール・モネイが共演、さらにケビン・コスナー、キルスティン・ダンスト、『ムーンライト』のマハーシャラ・アリといった実力と実績の確かな俳優たちが息の合った好演を見せる。

監督は、ビル・マーレイ主演で日本でもスマッシュヒットを記録した『ヴィンセントが教えてくれたこと』のテッド・メルフィー。また、本作に深く共感し、音楽に加えて製作にも名を連ねるのが、7度のグラミー賞に輝き、人気実力ともに頂点に立つミュージシャン、ファレル・ウィリアムス。彼の書き下ろしたソウルフルな楽曲が、本作によりポジティブなテイストを与えている。

全米では昨年末の限定公開を皮切りに大きな評判を呼び、年明けから拡大公開を迎えると『ローグ・ワン』を抑えて全米映画興行ランキング1位を獲得。さらに本年度の第89回アカデミー賞にて3部門にノミネートされると、その勢いは加速し、11週連続でのランキングTop10入り。日本でも40億円を突破して大ヒット中の『ラ・ラ・ランド』を上回る興行成績を記録している。

また、5月7日(現地時間)に開催された全米最大級の映画とテレビの祭典「2017 MTV Movie&TV Awards」では、映画とテレビの垣根を超えた多様な作品がラインナップされる中、最優秀ヒーロー賞(タラジ)、最優秀チャレンジ賞の2部門を獲得。MTV視聴者を中心とした“一般投票”によって受賞作が決まるこの祭典でも大きな注目を集めた。スタイリッシュかつエネルギッシュなパワーを放つ彼女たちは、いまも全米を魅了し続けている。

『ドリーム:私たちのアポロ計画』は9月、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

最終更新:5/13(土) 15:36

cinemacafe.net