ここから本文です

ガイアックスが永田町に「永田町グリッド」 会議室やコワーキングスペース備える /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/11(木) 7:00配信

 会議室やコワーキングスペースなどを備えたビル「永田町グリッド」(千代田区平河町2、TEL 03-5759-0377)がオープンから3ヶ月を迎えた。(赤坂経済新聞)

打ち合わせにも使用できるフリースペース

 同所は「人と人とがつながり新たな社会を創造できるビル」をテーマに、ガイアックス(同区)が運営するワークプレイス。地下1階から屋上までの全8フロアには、会議室を備える「GARAGE」や、イベントやオフィスワークに使用できるスペース「ATTIC」、バーカウンターを備え、映画鑑賞などに使用できるスペース「SPACE0」、カフェを備える「PLAZA」などを備える。ほか、子供が遊べる「キッズルーム」や、キッチン、シャワールーム、仮眠室、シェアサイクリングサービスなども利用できる。

 同ビルコミュニケーターの山口若葉さんは「ガイアックスは、とても自由な働き方を実現してきた会社。それぞれの社員が自分らしく働くことができるオフィスを構想するにあたって、『多様な働き方が実現できる場所ならば、多くの方に利用いただける開かれた場所にしよう』という思いで個人、会社が入居可能なワークプレイスにした。フリーランスで活動する方から、企業、政治家まで入居者は様々」と説明する。

 入居プランは固定席を確保する個人向けプラン(1カ月5万円、入会金別途)のほか、固定席をもたない個人向けプラン「フリーアドレス」(1カ月3万5000円、入会金別途)などを用意する。

 山口さんは「現在イベントでの利用や、入居者を募集している。新しい働き方、新しい社会をつくることに興味がある人はぜひ一度足を運んでほしい」と呼びかける。

 年中無休。24時間営業。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/11(木) 22:28

みんなの経済新聞ネットワーク