ここから本文です

近所まで出向きます! が~まるちょばの全国公演

5/11(木) 16:24配信

チケットぴあ

爆発的な笑いが魅力のストリートショーと、ドラマ性の強い舞台作品でパントマイムの魅力を提示しながら、常に新たなものに挑戦し続けるサイレントコメディー・デュオ、が~まるちょばが、今、全国51か所(現時点)を巡る未曾有の全国公演に取り組んでいる。赤いモヒカンのケッチ!と黄色のモヒカンHIRO-PONに、意気込みをきいた。

画像、5点

「今年はちょっと違う」という今回の全国公演。「2013年から2015年にかけて、東京JACKというツアーで東京の全62市区町村に出向いて行ったのですが、これが好評で、今度のツアーはその全国版となります」と話すケッチ!。HIRO-PONも「東京JACKでは普段足を運んでくれないお客さんもたくさん観に来てくださった。こんな嬉しいことはない。50か所もできるという喜びは大きいですね」と明かす。

上演するのは、1999年の結成当初から世界中の観客を魅了し続けている『That’s が~まるちょば SHOW』。身体を張って皆を笑いに引き込むネタそのものは当初からまったく変わっていないというが、「つい最近、2000年にやった時の映像が見つかったのだけど、これが全然違う! 今はもっと洗練され、無駄な動きがなくなってきています」(ケッチ!)、「毎回毎回、段取りは同じだけれど、いつも初めて出会ったようにびっくりしながら演じている。飽きそうになったとしても、常に違う面白みを見出します」(HIRO-PON)と、果てなき進化をうかがわせる。

同時上演は、『ロッケンロールペンギン』。「ロッケンロールペンギンさんという別のグループが出演すると思われた方がいましたが、そうじゃないです(笑)。が~まるちょばを結成する前からふたりでやっていたものが原型の、日本ではあまり上演する機会がなかったパフォーマンスですね」(HIRO-PON)。「ペンギンの姿でやる“クラウニング”──つまり、道化です。ニュージーランドでやったことがあるんですが、ペンギンが身近な土地だけに、ペンギンの動きを表現した思わぬ場面で受けたこともありました(笑)」(ケッチ!)。

子供から年配の人まで、全国のあらゆる人たちの心を掴みたい、という思いは強い。「僕らのほうから近くまで出向きますから、湯上りにサンダルつっかけて観に来てください!」とふたりは意気盛ん。HIRO-PONの「人生折り返さず、往きっぱなしでもいいんじゃないかと思う」という言葉どおり、ぐんぐん先を目指して行くが~まるちょばの挑戦は、限りなく続く。

全国公演は現在開催中、5月27日(土)千葉県・船橋市民文化ホール、5月28日(日)埼玉県・草加市文化会館、7月1日(土)神奈川県・相模女子大学グリーンホールほか、全51都市(現時点)を巡演。チケットは順次発売。

取材・文:加藤智子

最終更新:5/11(木) 16:24
チケットぴあ