ここから本文です

【シンガポール】DBS、環境に優しい配送で独DHLと提携

5/11(木) 11:30配信

NNA

 シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングス傘下のDBS銀行は9日、ドイツ系の国際航空貨物輸送大手DHLエクスプレスと、環境に優しい配送で提携したと発表した。期間は2017~19年の3年間。アジアの銀行による同様の取り組みは初という。
 DBS銀が海外に送る国際貨物は全て、DHLの環境配慮型配送ソリューション「DHLゴーグリーン・クライメート・ニュートラル・サービス」を使って輸送される。
 同ソリューションは、再生可能エネルギー事業に投資することで、輸送で生じた二酸化炭素(CO2)排出を相殺(オフセット)する仕組み。荷物の重量や配送距離からCO2排出量を計算し、それに応じた投資をインドのバイオマス発電事業や中国の風力発電事業などに行うという。
 DBS銀はCO2排出削減に積極的に取り組んでおり、16年には主要6カ国・地域で前年比4%の削減に成功したという。同行の担当者は「わが行には、持続可能な開発を促進する社会的責任があると考えている」と話した。

最終更新:5/11(木) 11:30
NNA