ここから本文です

「ホンダパワーユニットに不安はない」とザウバー

TopNews 5/11(木) 20:05配信

ザウバーの女性チーム代表であるモニシャ・カルテンボーンは、2018年はホンダパワーユニットを得てチームがさらに競争力を増すと確信しているようだ。

今季はフェラーリの2016年仕様パワーユニットと搭載しているザウバーだが、来季からはホンダからパワーユニットの供給を受けることが決まっている。2015年からマクラーレンへのパワーユニット供給を開始したホンダだが、マクラーレン以外の顧客チームにユニットを供給するのはこれが初めてのこととなる。

だが、3年目を迎えた今季も、ホンダのパワーユニットはパフォーマンスの面でも信頼性の面でも、ライバルメーカーたちには大きく水をあけられてしまっている。しかし、カルテンボーンは来季はその状況が大きく変わるはずだとドイツの『Bild(ビルト)』に次のように語った。

「今目にしていることで不安になってなどいません。私たちはホンダがこの問題にうまく対応できるだろうと確信しているのです」

どうしてそこまでの自信が持てるのかと尋ねられたカルテンボーンは、実際に契約にサインするまで、長い時間をかけてホンダと話し合ってきたからだと語り、次のように付け加えた。

「透明性を有することが重要ですし、私たちは長い時間をかけて話し合いを行い、うまく見極めを行ってきました。ホンダは問題を認識しており、それらを解決すると約束しています。それが重要なのです」

最終更新:5/11(木) 20:05

TopNews