ここから本文です

【フィリピン】パラワンで外国人誘拐の恐れ、大使館

NNA 5/11(木) 11:30配信

 在フィリピン日本大使館は10日、フィリピン在住者と旅行者に対して、マニラ首都圏をはじめ国内全域でテロなどに注意する必要があると呼び掛けた。前日の9日には在フィリピン米国大使館が、西部のパラワン州でテロ組織による外国人を標的とした誘拐の危険があるとして、米国人に注意勧告していた。米政府は同大使館のウェブサイトで、プエルトプリンセサ市およびプエルトプリンセサ地下河川国立公園の周辺地域を含むパラワン州で、誘拐が計画されているとの情報を入手したと述べている。
 米国務省は3月6日に発表した海外安全情報で、渡航に注意が必要な国のひとつとしてフィリピンを指定している。

最終更新:5/11(木) 11:30

NNA