ここから本文です

サッカーW杯アジア枠が大幅増でも今より楽しめなくなるって?

J-CASTニュース 5/11(木) 19:01配信

 サッカーワールドカップ(W杯)へのアジアからの出場枠が現行の4.5から8に増えると国際サッカー連盟(FIFA)が決定した。

 本大会出場へのハードルが大幅に下がることになり、インターネット上では「予選ゆる~くなるなおい」などといった声が多い。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は「アジア予選の短縮化」も示唆している。

■プレーオフ枠を除けば2倍増

 FIFAはバーレーンのマナマで2017年5月9日(現地時間)に理事会を開いた。W杯2026年大会における全出場国数が現行の32から48に増えることはすでに決定しており、この日は大陸サッカー連盟ごとの出場枠を決定した。各大陸の出場枠は以下のとおり(カッコ内は現行の枠数)。

・アジア...8(4.5)
・アフリカ...9(5)
・北中米カリブ海...6(3.5)
・南米...6(4.5)
・オセアニア...1(0.5)
・欧州...16(13)

 6大陸の予選で合計46枠が決まる。残り2枠は、欧州以外の5大陸から1か国ずつと、開催国が所属する大陸からもう1か国を加えた6か国によるプレーオフで決める。アジアの現行4.5枠のうち0.5枠は大陸間プレーオフで決まっていたので、アジア予選だけで決まる枠数で比較すると4から8へと倍増する。他の大陸と比較してもかなりの増枠と感じられる。

 アジアの枠数をこれだけ増やした背景には、FIFA財政へのアジア、特に中国の貢献があるとの見方がある。

 FIFAは15年5月に関係者複数人が汚職で起訴され、スポンサーが懸念を表明。新規スポンサー獲得に暗雲が立ち込めていた中、16年3月に中国の不動産企業・万達集団(ワンダ・グループ)がFIFA公式パートナーに、17年4月には中国の家電大手・青島海信電器(ハイセンス)が18年ロシア大会スポンサーに決定した。すでに15年12月には阿里巴巴集団(アリババ・グループ)がFIFAクラブW杯のメインスポンサー契約を締結しており、ここ数年は中国企業がFIFAを資金面で強力にサポートしているとも言える。また、中国は習近平・国家主席が国策でサッカー強化に乗り出していることでも知られる。

 さらに、アジアとアフリカの枠数を増やすことで、欧州・南米に強国が偏るサッカーを全世界に普及しつつ、レベルも底上げする狙いがあるという。

1/2ページ

最終更新:5/11(木) 19:01

J-CASTニュース