ここから本文です

【台湾】「ファミ通」の台湾版サイト、壱伝媒が開設

5/11(木) 11:30配信

NNA

 香港と台湾で大衆紙「蘋果日報」の発行などを手掛けるメディア企業、ネクストデジタル(壱伝媒)はこのほど、カドカワグループのエンターブレインが手掛けるゲーム情報誌「ファミ通」の台湾版ウェブサイトを開設した。
 台湾版ウェブサイトはネクストデジタルが運営。同サイトでは、日本や欧米の最新の人気ゲームのほか、台湾で人気の高いゲームを重点的に掲載する。カドカワの担当者によると、カドカワが「ファミ通」ブランドを貸与する形で、ネクストデジタルが台湾での需要に合わせたゲーム情報を配信し、台湾のゲーム市場により深く入り込むのが狙い。
 シンクタンクの商業発展研究院(商発院)のまとめによると、台湾の推定モバイルゲームユーザー数は2016年に1,280万人に上った。女性ユーザーは56%で男性を上回り、年代別では20~29歳の女性が最多、続いて30~39歳の男性が多かった。またユーザーのうち47%はゲームに課金しており、女性の月平均課金額は395台湾元(約1,500円)で男性(304元)を上回った。

最終更新:5/11(木) 11:30
NNA