ここから本文です

阪神・原口、緊急捕手復帰!ビハインドで打力に懸ける今季初“奥の手”

サンケイスポーツ 5/11(木) 7:00配信

 (セ・リーグ、巨人9-7阪神、7回戦、阪神4勝3敗、10日、東京D)やっぱり似合っていた。「捕手・原口」。悔しい敗戦の終盤に今季初めてのお披露目となった“奥の手”。残塁となった二塁ベースからベンチに戻ってきた背番号94は、大急ぎで準備、そしてマウンドの岩崎の元へ走った。

 「言われたのは(ベンチに)戻ってすぐです。岩崎がいい投球をしてくれたので、何かをする場面もなかったですね。特別な気持ちはないです。驚いたぐらいかな」

 八回、代打で登場して安打を放つ。劣勢で、打撃のいい原口をベンチに下げたくない。というわけで、「こういうこともある。備えとして」(金本監督)。八回1イニングをリードして三者凡退。捕手復帰戦を大過なく過ごした。

 キャンプは捕手&一塁の二刀流で過ごしたが、キャンプ後に一塁手専属が決まった。古傷の右肩の状態を配慮しての首脳陣の決断だった。

 とはいえ現状、捕手は2人(梅野、岡崎)だけ。いざという時に、原口がマスクをかぶれるなら、これほど力強いことはない。

最終更新:5/11(木) 9:05

サンケイスポーツ