ここから本文です

アマチュア2人が最終日最終組、史上5人目のステップアマ優勝なるか!?

5/11(木) 18:06配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<静ヒルズレディース 森ビルカップ 2日目◇11日◇静ヒルズカントリークラブ(6,388ヤード・パー72)>

ニューヒロインが続々誕生!?総数200枚のLIVEフォトギャラリーはこちら

ステップ・アップ・ツアー第5戦「静ヒルズレディース 森ビルカップ」の2日目が終了。トータル7アンダー単独首位には安納昭江、トータル4アンダー2位に長野未祈(みのり)、トータル3アンダー3位に平塚新夢(あむ)がつけ、最終日最終組に2人のアマチュアが入る展開となった。
 

ともに初日2アンダー発進となった長野と平塚。長野はハーフターン直後までトータル6アンダーまでスコアを伸ばしたもの、以後2つのボギーで"70"のラウンド。「初日よりチャンスは多かったですが、パットが入らず活かしきれなかった」と反省の弁を述べたが、「目標としていた2アンダーをクリアできましたし、初日からロングアイアンのショットは改善できた」と手ごたえも口にした。

中嶋常幸が指導する「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」に在籍する高校2年生の長野。今大会の会場である静ヒルズカントリークラブはアカデミー生は練習拠点であるため、中嶋も会場に顔を出している。初日終了後はショット、パットとも見てもらい、「頑張ってこいよ!と言われました」。

昨年注目を浴びた「日本女子オープン」以来となる最終日最終組。「アマチュア同士なのでお互い頑張りたいと思います。(日本女子オープンでは)4日間のナショナルオープンだったのですごく緊張してスコアにならなかった。経験があるので、上を狙えるように頑張りたいと思います」。中嶋から聞いている優勝争いの秘訣は、"緊張してもルーティンを崩さないこと"。自分本来のプレーで逆転優勝を狙う。

平塚はプロツアー2戦目で、最終日最終組。この日は6バーディ・5ボギーと出入りの激しいゴルフで「もったいないボギーが多くて悔しいです」。1学年下で小学校の頃からジュニアの試合で顔を合わせている長野との優勝争いは、「負けないようにしたいです。(優勝を)意識しすぎると緊張してしまうので、楽しんでプレーできればいい。最終日なので攻められるときはいきたいですね」と、緊張感を楽しみながらチャンスをうかがう。

過去にアマチュアがステップアップツアーを制したのは4度。両者のどちらかが優勝を果たせば、2014年「ABCレディース」(優勝・堀琴音)、2015年「ラシンク・ニンジニア RKBレディース」(優勝・新垣比菜)、2016年「ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース」(優勝・吉本ひかる)に続き、4年連続のアマ制覇となる。

【過去のアマチュアステップ優勝者】
2010年「ANA PRINCESS CUP」:高橋恵
2014年「ABCレディース」:堀琴音
2015年「ラシンク・ニンジニア RKBレディース」:新垣比菜
2016年「ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース」:吉本ひかる