ここから本文です

AzureからDBやAIの新発表が続々、「Build 2017」開幕

アスキー 5/11(木) 13:40配信

米マイクロソフトの年次イベント「Build 2017」の基調講演で発表された内容をまとめて紹介する。
 米マイクロソフトは5月10日~12日、年次開発者会議「Build 2017」をシアトルで開催している。初日の基調講演には、同社のサティア・ナデラCEO、Microsoft Azure統括副社長のスコット・ガスリー氏、Microsoft AI and Researchグループ副社長のハリー・シャム氏らが登壇し、Azureからデータベース、IoT、AI関連の新発表を行った。1日目の基調講演で発表された新サービスをまとめて紹介する。
 

IoTデバイスにコンテナアプリを配布する「Azure IoT Edge」
 まず、AzureのIoT関連の新サービスとして「Azure IoT Edge」が発表された。Azure IoT Edgeは、IoTのエッジ側の物理デバイスがAzure上のサービス(Azure IoT Hub、Azure Stream Analytics、Azure Machine Learningなど)と通信するためのクライアントアプリケーションをDockerイメージとしてパッケージングし、物理デバイス側のDockerコンテナホストにデプロイするシステムだ。
 
 デモでは、Azure側のダッシュボードからIoTエッジデバイスの稼働状況などをモニタリングし、処理負荷警告を検出した際には新たなクライアントアプリケーションを即時展開して負荷を軽減する様子を紹介していた(新しいアプリケーションを配布してデバイスからAzureへ送信するデータ量を削減するなどの調整を行っていたようだ)。
 
「Azure Cloud Shell」とAzureポータルのスマホアプリが登場
 Azureポータルから直接CLI(コマンドラインインターフェース)コンソールを起動できる「Azure Cloud Shell」が発表された。Azure Cloud ShellはBashで操作可能であり、あらかじめAzure CLIが含まれている。デモでは、CLIからAzure Virtual Machine Scale Setを使って1000台の仮想マシンを起動していた。
 
 また、Azure Cloud Shellは、同日リリースされたiOS/Android向けAzureポータルアプリでも起動が可能。iOSでBashのコンソールが動くデモは、開発者の笑いを誘っていた。
 
AzureにMySQLとPostgreSQLのPaaSが登場
 Azureに、PaaSのMySQLデータベースサービス「Azure Database for MySQL」と、同じくPaaSのPostgreSQLデータベースサービス「Azure Database for PostgreSQL」が追加された。
 
 バックアップやリカバリ、データベースパッチ配布、可用性維持、セキュリティ対策といったデータベース管理の手間がないMySQLデータベース、PostgreSQLデータベースのマネージド型サービスを、Azure上に数分で構築できる。
 
DocumentDBの発展形「Azure Cosmos DB」を発表
 続いて発表された「Azure Cosmos DB」は、AzureのドキュメントデータベースAzure DocumentDBをグローバルに分散させて、高可用性、スケーラビリティ、低遅延、データ整合性を実現するデータベースシステムだ。
 
 Azure Cosmos DBでは、Key-Value、Document、Column Family、Graphの複数のデータモデルを1つのシステムから利用できる。また、自動的にすべてのデータのインデックスを作成し、DocumentDB、MongoDB、Table Storage、Gremlin Graph、Sparkなど複数のAPIを使ってデータにアクセス可能。
 
 データ容量は数ギガバイト程度から数ペタバイト級まで、トランザクションも毎秒数百程度から毎秒数億レベルまでのスケーラビリティを実現するとしている。
 
サーバーレス関連のアップデート
 Azureのサーバーレスサービス「Azure Functions」に関連するアップデートもあった。Visual StudioからAzure Functions(およびLogic Apps)を開発、デプロイ、テストできるツールが発表されたほか、アプリケーションのパフォーマンス監視ツール「Azure Application Insights」からAzure Functionsのメトリックを取得できるようになった。
 
 サーバーレスアプリケーションのコードは、ステータスやメトリックなどの情報取得が難しいことが課題だったが、今回のアップデートにより、Application InsightsからAzure Functionsのコードの状況を把握できるようになった。
 
Microsoft Cognitive ServicesからカスタマイズできるAIを発表
 AzureのAIサービスAPI群「Microsoft Cognitive Services」に、カスタマイズ可能な画像認識API(Custom Vision Service)や音声認識API(Custom Speech Service)が追加された。デモでは、Custom Vision Serviceのサイトにユーザーがアップロードした植物の画像を、クリック操作だけでAzureが学習して検出できるようになる様子が紹介された。
 
 そのほか、Cognitive Servicesの新しいAPIとしてビデオのインデックス処理などを自動で行う「Video Indexer」が発表されたほか、研究開発中のAPIを先行利用できる「Cognitive Services Labs」プログラムが新設された。
 
 
文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

最終更新:5/24(水) 9:32

アスキー