ここから本文です

<EXO・カイ>日本で初主演ドラマがクランクアップ 「特別な時間だった」

まんたんウェブ 5/11(木) 18:00配信

 カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」の撮影がこのほどクランクアップした。韓国・済州島でクランクアップを迎えたカイさんは「日本で初のドラマでありながら主演を演じさせていただき、自分には特別な時間でしたし、全力で臨んだ自分の真っすぐな気持ちを、ドラマを通して皆さんに伝えたいです」とコメントを寄せている。

【写真特集】カイ(EXO)がタキシード姿でほほ笑み イケメンすぎる…

 「連続ドラマW 春が来た」は、向田邦子の短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科カナさん)は、ひょんなことから、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。うだつの上がらない父・周次を佐野史郎さん、母・須江を高畑淳子さん、可愛げのない妹・順子を古畑星夏さんが演じている。WOWOWのオリジナルドラマで、海外キャストが主演するのは初めて。

 韓国のリゾート地・済州島でクランクアップを迎え、河合勇人監督から花束を贈られたカイさんは「本当に寂しい。寂しいです」と心境を吐露。カイさんは「日本と済州島の2カ所で撮影をさせていただきましたが、とても楽しかったですし、本当に充実した時を過ごすことができました。共演者の方々、そしてすべてのスタッフの皆さん、今までのロケ地、風景、すべてが僕の思い出として残りそうです」とコメントしている。

 メガホンをとった河合監督は「はじめは高をくくっていた。韓国のトップアーティスト、EXO のカイさんとはどれほどのものか」としつつ、「結論から申し上げるとカイくんは怪物であった。世界のスーパースターとはこれほどのものかと打ちのめされた」と絶賛し、撮影が終わって「激しいカイくんロスに悩まされている」とコメントしている。

最終更新:5/11(木) 18:00

まんたんウェブ