ここから本文です

PS4新作15タイトルを“エレクトロミュージカル”で紹介する特別映像が公開 『ドラゴンクエストXI』や『FFXIV』、『鉄拳7』がラインアップ

ファミ通.com 5/11(木) 13:57配信

●banvoxと新作15タイトルが織りなす“エレクトロミュージカル”
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、本日5月11日(木)より、特別映像“PlayStation4 Lineup Musical 「PLAY!PLAY!PLAY!」#banvox”を公開した。本映像では、発売中の最新作および発売予定のPS4用ソフト15タイトルを一挙に紹介している。

※オフボーカルバージョンも公開中

 以下、リリースより。

----------

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、本日5月11日(木)より、特別映像“PlayStation4 Lineup Musical 「PLAY!PLAY!PLAY!」#banvox”を公開しました。本映像では、発売中の最新作および発売予定のPS4用ソフトウェアの中から、この夏に注目の15タイトルを一挙に紹介しています。トラックメーカーからミュージシャン、ボイスアクター、アイドル、落語家に至るまで、様々なアーティストや表現者とのコラボレーションで、ゲームタイトルを紹介してきたPS4のラインナップムービー。第8弾となる今回のコンセプトは「エレクトロ × ミュージカル」。世界で注目される音楽プロデューサーbanvox(バンボックス)氏が奏でるエレクトロサウンドにのせて、まるでミュージカル映画のような映像演出で新作タイトルラインナップを次から次へと紹介いたします。

【banvoxプロフィール】
東京を拠点に活動するプロデューサー。2011年、音楽制作を初めてわずか1年でMaltine Recordsよりリリースしたデビュー作「Intense Electro Disco」が驚異のヒットを記録。その後、英”Surfer Rosa Recordsより「INSTINCT DAZZLING STARLIGHT EP」を発表すると、各配信サイトのチャート上位を記録。その作品群はDavid Guetta やAvicii等世界的アーティストから激賞を受ける。その後、中田ヤスタカ、JUJU、湘南乃風といった国内アーティスト、さらにはMNDR、Foreign Beggars等海外アーティストにも楽曲/Remixを提供。また国内外で大型フェスにも出演する、世界で活躍する若き才能。

【banvox氏からのコメント】
今回はミュージカルと伺った時は正直戸惑いました。ですが、オリジナル作品ではなかなか制作しないようなトライがたくさんできてとても面白い作品に仕上がったと思います。ぜひみなさんに楽しんでもらえたら嬉しいです。

最終更新:5/11(木) 13:57

ファミ通.com